陰のちから

発行日: 2023年 06月30日
季報: 夏 第110号 掲載

住職 及川玄一

 令和二年から延期されていた社会福祉・貢献事業に携わる日蓮宗僧侶の会議が仙台市で催されました。私は、五十年前に祖父が埼玉県熊谷市に設立した立正幼稚園の理事長を務めており、幼児教育に携わるという立場でその会議に出席しました。

 東京駅まで乗った電車内を見まわすと、マスクをしていない私は明らかに少数派、すっかり定着したノーネクタイでは多数派でした。新聞を広げたのは私ひとり、スマホをさわっていなかったのは勉強中の学生さんだけでした。世の中の流れには抗いがたく「長い物には巻かれろ」は処世の常套かもしれませんが、この光景にこれでいいのかと首を傾げました。

 私たちが関わる社会事業も、世の中の変化による影響を様々な角度から受けています。幼児教育や保育の現場では少子化問題に直面しています。地域の子ども人口が減少し、四歳児からの募集では園児の定員割れを克服できず、立正幼稚園では四年前にゼロ歳児から預かる保育園の機能を併せた認定こども園に形を変えました。これには、共働き家庭が圧倒的に増えたことも影響しています。長年ボーイスカウト活動を支援してきたお寺では、入団する子供が集まらないため団を解散したとの報告もありました。

 民生委員の団体からは地域社会に暮らす人同士のつながりが薄くなったこと、高齢者、独居者、生活困窮者の増加など、直面する問題が提起されました。民生委員の仕事は増える一方であるのに、後継者がいないといった切実な問題も伝えられました。その会議には他にも教誨師、保護司、民生児童委員等の代表者も出席しましたが、後継者不足は共通の問題でした。

 過去を振り返りますと、回覧板、隣組、老人会、町会など、地域が密着し、住民がそれぞれに役割を担って、行政の手が届きにくい地域社会を支える任を果たしていました。人の交わりはプラスだけではなくマイナスを生むこともありますが、報酬のためではない奉仕的な活動が社会を維持する大切な力として活きていました。

 便利な機器を利用して効率的に人と社会をつなぐこと、労働量を減らすことなど、社会は今後も変化していくはずです。変わること、今まであったものが無くなることは「諸行無常」の摂理に適っており避けられません。一方で日蓮聖人は「陰徳あれば陽報あり」との言葉を残されました。人の目の届かないところで積まれた功徳が明るい知らせを運んで来るという意味です。私はこの言葉もまた世の中にあっていつまでも変わることのない真理であると思います。明るい社会は縁の下の力持ちがいてくれてこそ築かれるのです。

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2022年 03月10日 発行
春 第105号
仏々現前
住職 及川玄一  「誰でも仏になれる」と聞いて、どう思いますか。人の心には鬼に見えても、仏を見ることは稀でしょう。死ねばみな仏になるということか、と受け取る人がいるかもしれません。素直 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2020年 01月01日 発行
冬 第96号
季節のめぐりと食
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。  年賀状には、年頭にあたり「初春」「迎春」の文字を使います。厳冬期になぜ「春」なのか。  日蓮聖人のお言葉「妙一尼御前御消息」に「冬 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...