菩提寺

発行日: 2022年 06月10日
季報: 夏 第106号 掲載

住職 及川玄一

 ロシアは大きな国土を持つが、人口は一億四千万人余。比べれば、一億二千万人余という日本の人口は決して小さくない。一方、フィリピン国民の平均年齢二十四歳を日本の四十六歳と比べれば、日本の高齢化を痛感する。ちなみに、平均寿命はフィリピン六十八歳、日本八十四歳だ。この国の少子高齢化が社会問題として捉えられて久しいが、長期にわたる景気の低迷、コロナ禍の影響もあってか、問題は一層際立ってきたと思う。

 昭和三十八(一九六三)年生まれの私よりひと回り上までが、いわゆる「団塊の世代」であるが、日本ではその集団が社会にさまざまな影響を与えてきた。ベビーブーム、受験戦争、郊外のニュータウン開発。そして今は加齢にまつわる商品の数々。新聞を開けばサプリメントから保険まで、高齢化した「団塊」目当ての広告が目立つ。死と死後までをもターゲットにする。「断捨離」「終活」「墓じまい」などの語が一般化した。

 墓じまいが語られるいちばんの原因は少子化、未婚者の増加、家父長制の崩壊にあると思うが、人々の「寺離れ」も著しい。僧侶のいない葬儀をセールスポイントにしたテレビCMが流れ、葬祭ホールの看板には「僧侶を呼ばない葬儀もできます」とある。費用を抑えるという経済的理由もあろうが、長年檀家制度にあぐらをかき、寺としての努力を怠った私たちの責任は大きいと思っている。

 私たち僧侶の大半は檀家にとっての菩提寺を預かる立場(住職)にあるのだが、寺離れ現象は菩提寺を必要と感じない人が増えたということでもあろう。先祖から続いてきた「家」の存在が次第に忘れられ、それを受け継いで行こうという意識も薄くなった。同時に個々の人生観、宗教観、価値観等は尊重されなければならない、という空気が広がった。

 だが、と私は思う。どのように社会が変化しても変わらないことがあると。それは人の死だ。それも自分の死ではなく他者の死だ。人は生きている限り、誰かを見送らなければならない。生きている限り避けられない。親、兄弟、師、友人、伴侶、ときにはわが子さえも。この世に生まれたかぎり多くの人と別れ、それを背負いながら生きなければならない。

 菩提寺は檀家の皆様の辛い別れの一つひとつを大切にお預かりする場所だ。檀家が負うことになった重い荷物の一部だけでも引き受け、荷を軽くするお手伝いをする場所なのだ。

 今年もお盆を迎える。百に近い精霊の新盆の供養をさせていただく。「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さん、仏さまに守っていただいて安心だね」。そう感じてもらえるように勤めたいと思う。 

人気の季報

2022年 03月10日 発行
春 第105号
仏々現前
住職 及川玄一  「誰でも仏になれる」と聞いて、どう思いますか。人の心には鬼に見えても、仏を見ることは稀でしょう。死ねばみな仏になるということか、と受け取る人がいるかもしれません。素直 ...
2021年 09月01日 発行
秋 第103号
広く大きく見る
住職 及川玄一  前号では、宗教の分け方に「一神教」と「多神教」という方法があること。神道、仏教はともに多神教に属し、それらが文化的基盤になっている日本文化は、イスラム教やキリスト教な ...
2021年 07月01日 発行
夏 第102号
歩きながら考える
住職 及川玄一  ウォーキングを始めて二年半、週三日ほど七、八キロを目安に歩いています。青梅街道を環七までの往復で約八キロ、神宮球場までなら七キロです。球場の隣にオリンピックのメイン会 ...
2024年 03月05日 発行
春 第113号
聖人のお国自慢
住職 及川玄一  新しい春を寿ぐ節分の朝、たくさんの長寿札を本堂正面に飾り、法要を営んだ。檀家名簿の記録では百寿を迎える方が六名、白寿が八名、卒寿、米寿、傘寿、喜寿の方々を加えると二七 ...
2022年 09月10日 発行
秋 第107号
ゆく河の流れ
住職 及川玄一  コロナ禍の世にあって、私たちは様々な制約の中に暮らしている。今までは日常的でなかったことが、逆に当たり前になったように感じることもある。  警戒していた猛暑も峠を越し ...
2023年 09月07日 発行
秋 第111号
旅立った人への思い
住職 及川玄一  コロナ禍の下でノンフィクション作家の久田恵さんがある全国紙にこんな文章を書いていた。  GOTOトラベルを利用して軽井沢に出かけた。予約したホテルに行く前に「万平ホテ ...
2023年 03月01日 発行
春 第109号
春告草
住職 及川玄一  この寺の山務に従事する西嶋良明師が昨年十一月一日、千葉・中山法華経寺での百日間の荒行に入行した。コロナ禍によって二年間修行場が閉じられ、ようやくの再開を待ってのことだ ...
2023年 01月01日 発行
冬 第108号
粋な笑いを
住職 及川玄一   「門松は冥土の旅の一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし」  新年号巻頭の一節にしてはドキッとするような言葉ですが、正月になると頭に浮かぶ歌です。作者は室町時代中期 ...
2022年 06月10日 発行
夏 第106号
菩提寺
住職 及川玄一  ロシアは大きな国土を持つが、人口は一億四千万人余。比べれば、一億二千万人余という日本の人口は決して小さくない。一方、フィリピン国民の平均年齢二十四歳を日本の四十六歳と ...
2023年 06月30日 発行
夏 第110号
陰のちから
住職 及川玄一  令和二年から延期されていた社会福祉・貢献事業に携わる日蓮宗僧侶の会議が仙台市で催されました。私は、五十年前に祖父が埼玉県熊谷市に設立した立正幼稚園の理事長を務めており ...