小さな出会いをはげみに

発行日: 2019年 01月01日
季報: 冬 第92号 掲載

住職 及川玄一

 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

 住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお檀家の方々のお陰と、感謝申し上げます。

 昨秋、祖師堂エレベーターを屋上へと延伸する工事が完成。除夜の鐘に訪れてに上る方々の便が良くなり、多くの参拝者が当山で正月を迎えました。

 「平成」最後の正月です。元号に込められた願い通りにはいかない三十年でしたが、思いもかけないことが起こるのがこの世の実相です。だからこそ、社会のを願う元号の二文字が選ばれるのでしょう。

 日蓮聖人は「安寧な世は正しい教えを根本とした国家運営によって実現される」と訴えられました。そのお考えを簡潔に表したのが「立正」の二文字です。正しい教えをもって国を立てる、との意です。日蓮聖人が説く正しい教えとは法華経のことです。それを正法と言います。では、なぜ法華経が正法たり得るのでしょうか。それは、法華経には悟りを開かれたお釈迦さまのありのままの心が表されているからです。お釈迦さまの心と悟り(真理)と法華経は、イコールで結ばれているのです。

 しかし私には、長く解けない疑問がありました。お経はお釈迦さまの説法集です。実録ではなく、聴聞者の記憶をまとめたものです。それでも、同じ言語を使う人たちが編集したものですから、言葉はかなり正確に伝えられたはずです。ところが、私たちが信仰の対象とする法華経は、中国・六朝時代のが、インド・西域の言葉から漢文に翻訳したものです。それで仏さまの心が正しく伝えられているのでしょうか。

 昨年十二月二日付産経新聞の「記者発」というコラムで、文化部の海老沢類記者による文章に目を止めました。アメリカを代表する文学賞、全米図書賞の翻訳文学部門に作家多和田葉子さんの小説『献灯使』が選ばれたことを取り上げ、その作品を英語に翻訳した訳者の仕事ぶりを讃えています。私の目を開いてくれたのは以下の一節でした。「訳者の知性や情熱がしみ込んだ翻訳は、原作に新しい魅力を加えた一つの創作物とも言えるのだ」。

 法華経翻訳に置き換えてみますと「鳩摩羅什の知性や情熱がしみ込んだ法華経は、お釈迦さまの言葉に新しい魅力を加えた一つの創作物とも言えるのだ」となります。私の中に長年あったザワザワしたものが消え、目から鱗が落ちたような気がしました。

 新聞を読むという日常的な行為から、気づきの種、予期せぬ救いの手が差し伸べられました。有り難いというか、妙なものです。とはいえ、私たちの人生はそうしたもので、予期せぬ物事との出会いで成り立っているのかもしれません。

 確たる指針も整わぬまま新年が始まってしまいましたが、今年も小さな出会い、小さな気づきに助けられながら歩いて行くのだろうと思っています。

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...