人の心と犬の心

発行日: 2019年 09月01日
季報: 秋 第95号 掲載

住職 及川玄一

 最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」と同じ墓に入りたい、という人が増えています。二十年前、鳴き、歩き、顔を見つめ、お手をしてくれる犬型ロボットが登場し、とくに女性高齢者の人気を集めました。修理不能のものを集めた〝葬儀〟まで行われたといいます。犬はいとおしく、時に人の心に深く入り込む存在のようです。

 横須賀市にある特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」に、「文福」という雑種犬が暮らしています。名は「文福茶釜」由来でしょうか、少しユーモラスです。保健所から引き取られた当時の荒んだ様子から一転、天真爛漫とでもいうべき性格で入所者・スタッフから愛される存在になりました。本来の姿に立ち戻ったのでしょう。

 文福はとても大事な仕事をしています。ホームに来て二年ほど経った頃、介護士のひとりが気づき、驚きました。文福が、危篤になった入所者の部屋の前に座って、悲しそうに首をたれています。半日もそうした後、そっと部屋に入り、ベッドの傍に寝そべってじっとその老人を見つめています。旅立ちの二日前、ベッドに上がり慈しむように顔をなめ続け、最期まで寄り添いました。〝イヌ〟ならではの本能でしょうか、文福は人の命の終わりを知ることができたのです。臨終に寄り添い、看取ったのです。

 思い返すと、文福は誰かが重篤になると必ず数日前にその部屋の前に佇み、やがて同様のことをしました。その姿は、死者を見送るスタッフたちの悲しみや心の重さを軽くしてくれました。そして何よりも、旅立とうとする人の気持ちを和らげ、支えました。

 ペットと一緒に入所できる施設は、国内ではここだけだそうです。ひとり暮らしをするお年寄りの中には、ペットと離れたくなくて、施設への入所を拒む方もいます。一緒に入れる施設は、とてもありがたい存在なのです。ホームには他にもたくさんの犬が暮らしています。すべての犬が文福と同じことをするわけではありませんが、入所者にとってはそれぞれ、自分のペットがかけがえのない存在で、それ故スタッフにとっても大切な存在なのです。

 孤独、別れはつらいものです。心の支えが必要です。それができるのは人ですが、その人を犬が支えることもできます。最近手に取った一冊「看取り犬 文福の奇跡」(若山三千彦著・東方出版刊)が教えてくれた逸話です。

 人の最期を語るとき、だれが介護するのか、その資金、それにまつわる介護離職など、現実的で困難で重い課題が語られますが、最後のよりどころとなる「心」を忘れるわけにはいきません。その心は、犬にも備わっているのでしょう。その仕組みは人にも犬にもわかりませんが、遠く仏様の教えに通じるのかもしれません。 秋の気配を感じます。皆様方には、心穏やかに、よい日々をお過ごしくださいますよう。

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...