世は「妙」なもの

発行日: 2020年 07月01日
季報: 夏 第98号 掲載

住職 及川玄一

 作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残るほどに筆が遅いことでも有名でした。

 その井上さんは「むずかしことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをおもしろく」という言葉を残しました。親交があった放送作家の永六輔さんが、僧侶が法を説くときの極意として「法に則り、比喩を用い、因縁を語るべし」と語ったのを聞き、それをわかりやすい言葉に置き換えたのだそうです。

 文章を書くときに心がけていましたが、とても難しいことです。言葉通りに行おうとしても、伝えたいことの本質を深く理解し我がものにしていなければ、できることではありません。

 ご法事やお通夜でお話をするとき、井上さんの言葉を念頭に置くのですが、やさしくも、ふかくも、おもしろくも、おいそれとできるものではありません。

 法号を考えるときも同様です。私は女性に対して「妙」という字をよく選びます。例えばご長寿を全うされた方であったら「妙寿」、高潔な生き方をなさった方には「妙清」などです。妙は「妙法蓮華経」の妙ですからそれだけで尊い字と受け止められますが、そもそもなぜ「妙法」なのか「妙」なのかと問われたら、なかなかの難題です。

 妙は「女」と「少」を合わせてできた字です。「少女」です。かわいらしい、若く美しいという意味の所以です。しかし、それだけではありません。妙手・巧妙などの言葉があるように極めて巧みである、とても優れているという意味もあります。また、奇妙・神妙のように不思議、人知では計り知れない、奥が深いなどの意味も持っています。

 私は「妙法蓮華経」の妙にはそれらすべての意味が含まれていると考えていますが、特に「不思議」「計り知れない」「奥が深い」に、妙法の意味を理解するためのかぎがあるように思います。不思議とはよく分からないということです。「あの人は妙だ」と思うとき、不安な気持ちが生まれています。それは相手のことがよく分からないからです。

 どうでしょうか。よく考えてみると私たちの暮らす世界も、その中を生きる人生も実に妙ではありませんか。様ざまな分野で未解明な事柄を解き明かすための努力がなされ、分からなかったことが分かるようになっていますが、それでも私たちはどれほどのことを正しく知っているのでしょうか。この世の中から妙なるものを完全になくすことはできません。世界には不思議が満ちています。

 「人生とは妙なもの」は、ひとつの本質ではないでしょうか。「人生とは分からないもの」であることを根底に据えて物事を考え、思考を組み立てるよう心がければ、不安な気持ちが落ち着き、心に余裕が生まれてくるように思います。物事の本質をしなやかに受け止め、その中に笑いやユーモアを加えていくことができれば、心安らかな日常になっていくのではないでしょうか。

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...