往時を憶う

発行日: 2020年 09月01日
季報: 秋 第99号 掲載

住職 及川玄一 

春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働くもの一同健やかに日々の山務に勤しんでおります。

 六月末、宗祖ご降誕八百年慶讃事業の理念・内容をとりまとめ、ご寄付のお願いをいたしましたところ、早速に多くのお檀家様から浄財をお寄せいただき、有難きことと深く感謝申し上げます。

 今事業のひとつであります東北区画墓地の塀(三面)の架替工事は八月から北側の最も老朽化が進んだ箇所に着手、無事に撤去作業を終えました。作業経過を見て、塀の傷みが深く広く進んでいた様子がよくわかり、今日まで大事に至らなかったことに改めて安堵しました。

 二十年ほど前、私は新住職として着任早々の八王子市・本立寺で本堂の大改修工事に携わりました。戦災からの復興途上の市中で昭和二十八年、真っ先に再建されたお堂でした。すべてが乏しい時代にあって、ご先祖とお寺に寄せるお檀家様の強い思いが込められている、と聞いておりました。それ故に、新しい部材・設備に取り換えるよりもむしろ、既存のものを修理・改修・補強することに心しました。工事の進行とともに見て感じたのが、いたるところにお檀家様の汗、涙、香のかおりが染み込んだお堂でした。

 終戦から七十五年、当山の本堂もまた戦災で焼失した伽藍を復興、再建したものです。昭和四十一年に落成しました。もう五十四年前のことです。空襲で失われた本堂は、昭和五年の新築から、わずか十五年の短い命でした。落成当時、東都一と謳われたそうですから、それを失ったことへの落胆も大きかったと聞きます。再建された今の本堂には、当時のお檀家様の、前本堂への愛惜の念が込められているようにも思われます。

 昭和二十一年の東京都の人口は約四二〇万人、本堂が再建された四十一年が一一〇〇万人でした。日本が着実に国力を回復していく途上に成った、念願の本堂でした。象徴的なのは鉄筋コンクリート建築であることです。今日では、改めて木造建築の良さが見直される時代になっていますが、未だ空襲の記憶が去らなかった当時を想像すると、最新の鉄筋コンクリート構造は望んでの選択であったと想像できます。

 過去を振り返るとき、親の代も祖父母の代も、いつの時代の人たちも、次の世代へと懸命にバトンを受け継いできたことに気づきます。お寺もまた代々のお檀家さんが、やり繰り・工夫する生活の中で心を寄せ、護り、つないだことで今日があります。そのお心をしかと受け止め、今は亡き方々のお気持ちを大切にし、守り続けることができる場所にするよう努めたく思います。

人気の季報

2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2022年 03月10日 発行
春 第105号
仏々現前
住職 及川玄一  「誰でも仏になれる」と聞いて、どう思いますか。人の心には鬼に見えても、仏を見ることは稀でしょう。死ねばみな仏になるということか、と受け取る人がいるかもしれません。素直 ...
2021年 09月01日 発行
秋 第103号
広く大きく見る
住職 及川玄一  前号では、宗教の分け方に「一神教」と「多神教」という方法があること。神道、仏教はともに多神教に属し、それらが文化的基盤になっている日本文化は、イスラム教やキリスト教な ...
2021年 07月01日 発行
夏 第102号
歩きながら考える
住職 及川玄一  ウォーキングを始めて二年半、週三日ほど七、八キロを目安に歩いています。青梅街道を環七までの往復で約八キロ、神宮球場までなら七キロです。球場の隣にオリンピックのメイン会 ...
2022年 09月10日 発行
秋 第107号
ゆく河の流れ
住職 及川玄一  コロナ禍の世にあって、私たちは様々な制約の中に暮らしている。今までは日常的でなかったことが、逆に当たり前になったように感じることもある。  警戒していた猛暑も峠を越し ...
2023年 09月07日 発行
秋 第111号
旅立った人への思い
住職 及川玄一  コロナ禍の下でノンフィクション作家の久田恵さんがある全国紙にこんな文章を書いていた。  GOTOトラベルを利用して軽井沢に出かけた。予約したホテルに行く前に「万平ホテ ...
2023年 03月01日 発行
春 第109号
春告草
住職 及川玄一  この寺の山務に従事する西嶋良明師が昨年十一月一日、千葉・中山法華経寺での百日間の荒行に入行した。コロナ禍によって二年間修行場が閉じられ、ようやくの再開を待ってのことだ ...
2023年 01月01日 発行
冬 第108号
粋な笑いを
住職 及川玄一   「門松は冥土の旅の一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし」  新年号巻頭の一節にしてはドキッとするような言葉ですが、正月になると頭に浮かぶ歌です。作者は室町時代中期 ...
2022年 06月10日 発行
夏 第106号
菩提寺
住職 及川玄一  ロシアは大きな国土を持つが、人口は一億四千万人余。比べれば、一億二千万人余という日本の人口は決して小さくない。一方、フィリピン国民の平均年齢二十四歳を日本の四十六歳と ...
2023年 06月30日 発行
夏 第110号
陰のちから
住職 及川玄一  令和二年から延期されていた社会福祉・貢献事業に携わる日蓮宗僧侶の会議が仙台市で催されました。私は、五十年前に祖父が埼玉県熊谷市に設立した立正幼稚園の理事長を務めており ...