往時を憶う

発行日: 2020年 09月01日
季報: 秋 第99号 掲載

住職 及川玄一 

春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働くもの一同健やかに日々の山務に勤しんでおります。

 六月末、宗祖ご降誕八百年慶讃事業の理念・内容をとりまとめ、ご寄付のお願いをいたしましたところ、早速に多くのお檀家様から浄財をお寄せいただき、有難きことと深く感謝申し上げます。

 今事業のひとつであります東北区画墓地の塀(三面)の架替工事は八月から北側の最も老朽化が進んだ箇所に着手、無事に撤去作業を終えました。作業経過を見て、塀の傷みが深く広く進んでいた様子がよくわかり、今日まで大事に至らなかったことに改めて安堵しました。

 二十年ほど前、私は新住職として着任早々の八王子市・本立寺で本堂の大改修工事に携わりました。戦災からの復興途上の市中で昭和二十八年、真っ先に再建されたお堂でした。すべてが乏しい時代にあって、ご先祖とお寺に寄せるお檀家様の強い思いが込められている、と聞いておりました。それ故に、新しい部材・設備に取り換えるよりもむしろ、既存のものを修理・改修・補強することに心しました。工事の進行とともに見て感じたのが、いたるところにお檀家様の汗、涙、香のかおりが染み込んだお堂でした。

 終戦から七十五年、当山の本堂もまた戦災で焼失した伽藍を復興、再建したものです。昭和四十一年に落成しました。もう五十四年前のことです。空襲で失われた本堂は、昭和五年の新築から、わずか十五年の短い命でした。落成当時、東都一と謳われたそうですから、それを失ったことへの落胆も大きかったと聞きます。再建された今の本堂には、当時のお檀家様の、前本堂への愛惜の念が込められているようにも思われます。

 昭和二十一年の東京都の人口は約四二〇万人、本堂が再建された四十一年が一一〇〇万人でした。日本が着実に国力を回復していく途上に成った、念願の本堂でした。象徴的なのは鉄筋コンクリート建築であることです。今日では、改めて木造建築の良さが見直される時代になっていますが、未だ空襲の記憶が去らなかった当時を想像すると、最新の鉄筋コンクリート構造は望んでの選択であったと想像できます。

 過去を振り返るとき、親の代も祖父母の代も、いつの時代の人たちも、次の世代へと懸命にバトンを受け継いできたことに気づきます。お寺もまた代々のお檀家さんが、やり繰り・工夫する生活の中で心を寄せ、護り、つないだことで今日があります。そのお心をしかと受け止め、今は亡き方々のお気持ちを大切にし、守り続けることができる場所にするよう努めたく思います。

人気の季報

2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2019年 03月18日 発行
春 第93号
外国人と暮らすということ
住職 及川玄一  住職に着任して一年が経とうとしています。慣れないながらも少しずつ周囲が見えてきたように思います。温かく迎え、支えて下さった檀家の皆さま方に改めて感謝申し上げます。   ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...