広く大きく見る

発行日: 2021年 09月01日
季報: 秋 第103号 掲載

住職 及川玄一

 前号では、宗教の分け方に「一神教」と「多神教」という方法があること。神道、仏教はともに多神教に属し、それらが文化的基盤になっている日本文化は、イスラム教やキリスト教など一神教が基盤になっている国々とは考え方に違いがあることを書きました。

 「違い」は、優劣をつけようとする際の判断基準になりますが、一方で、それぞれに特徴があるからこそ差異が見えます。違いの落差を埋めることで対等・平等になるものではありません。違いがあることが当然、と認識したいという提案でした。

 アフガニスタンでは、アメリカ軍の最終的な撤退開始後間もなく、タリバン勢力が首都カブールを奪還しました。政府・国軍のあっけない崩壊でした。同時に、長年アフガニスタンで活動を続け、2019年12月に武装勢力の襲撃により亡くなられた中村哲医師のことが頭に浮かびました。

 中村医師はアフガニスタンで医療活動に貢献した後、故郷を追われ、農業の基盤を失った人たちのために灌漑施設を作ろうと、その先頭に立ちました。水がなければ生きていけない。医療以前の問題でした。復活したタリバン政権下、中村医師が現地の人とともに築いた設備は、無事に働き続けるでしょうか。

 夏以降、コロナウィルスの感染者が急増し、ワクチンの接種進展への期待が集まります。しかし日々の報道では、接種をめぐる国や自治体の不手際を批判する声を聞きます。ワクチン接種が遅い、という声がありました。しかし、自国でワクチンの開発ができず、他国に依存せざるを得ない中、自分の都合を押し通そうとすることに、広く理解を得ることができるのでしょうか。ワクチンの数には限りがあります。日本が満足できるだけ入手すれば、他国の分は減ります。

 高齢者や基礎疾患がある人など抵抗力の弱いとされる方には優先して接種が行われました。国の有り様で考えれば、統治機構が整い、公衆衛生の環境、医療施設、医療用資機材の供給態勢が整っているわが国は、他より耐える力が強いのではないでしょうか。ならば、ワクチンの供給を受けるべき順位は下がるはずです。「日本人は我慢してでもまずは抵抗力が弱い国に譲るべきでは」との考え方があってもよいのではないでしょうか。一部に、入手に苦しむ国への外交的な配慮を挙げる論がありました。政治の力は「獲得力」ばかりではありません。

 アメリカのワクチン開発では、1985年に共産党独裁下のハンガリーからアメリカに移住した女性研究者の話を読みました。移住後も、少ない収入に耐えながら、画期的なワクチン製造につながる人工的mRNA研究を進めました。本格的研究が始まったのは1997年。この基礎があって、1年ほどの短期間でワクチンができました。

 中村医師は灌漑工事の際、出身地福岡県に江戸時代に作られ、今も使われている取水堰をモデルにしました。手近にある材料で現地の人とともに作れば、この後も人びとに残った記憶・技術・資材・道具で補修でき、使い続けられることを見通したのでしょう。アフガンの人と歴史と風土を読み解き、人と人として対等に扱う高い構想力に目を見張ります。

 他を思いやる。名声と栄達を求めない。譲る心と意思の力を讃えたいと思います。

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...