仏々現前

発行日: 2022年 03月10日
季報: 春 第105号 掲載

住職 及川玄一

 「誰でも仏になれる」と聞いて、どう思いますか。人の心には鬼に見えても、仏を見ることは稀でしょう。死ねばみな仏になるということか、と受け取る人がいるかもしれません。素直に頷く方は少ないでしょう。お釈迦さまはどんな人にも仏性、あるいは仏種が備わっており、それを自覚して大切にその種を育てれば、誰もが仏になると説きました。

 そこには、人種や民族、性別、身分や職業による差別はありません。そういう点から仏教は平等な宗教と受け止められますし、その教えの根本が仏教を寛容な宗教にしています。

 ブッダ(仏陀)とは悟った人、気づいた人という意味です。何かに対して気づくこと、目から鱗が落ちるかのような経験は誰にもありますが、ブッダの悟りは宇宙の真理に気づき目が開かれた、ということです。お釈迦さまが悟ったことが真理になったのではなく、すでにある真理を悟り、私たちに伝えたのです。

 当山三十七世の祖父、及川真学上人が昭和四十七年に設立した埼玉県熊谷市の立正幼稚園が創立五十周年を迎えました。計画していた祝賀行事は時勢を鑑みて自粛いたしましたが、何か記念になることを、と考えて園舎に隣接する礼拝堂(入・卒園式の会場、室内遊戯ホール)にお祀りしているお釈迦さまのお像を飾る荘厳を整えることにしました(写真は、荘厳前)。

立正幼稚園礼拝堂、「仏々現前」の揮毫


 その礼拝堂の正面に祖父が揮毫した四文字「仏々現前」の額が掲げられています。創立者としての園や園児に対する思い、あるいは理想がその語に込められていると感じています。

 「仏々」は「仏仏」、「現前」は目の前に現れていること。書き下して読むと「仏、仏の前に現れる」です。単純にも思える意味をこう解釈してみました。「私の目の前にいるあなたは仏さま、あなたの前に立つ私も仏さま。そうか、みんな仏さまなのだ!」

 欧州では、相手をヒトラーに例えて自分を肯定した人が、逆にヒトラーになぞらえて非難されています。平和の尊さをつくづく感じる世の中ですが、真の平和を実現する根本は個々の心の中にあるのではないでしょうか。

 去る二月二十七日、祖母かず子が九十七歳を今生の一期に、み仏の霊山浄土に旅立ちました。通夜・葬儀は親族、縁故寺院、総代、感和会会員、かつて当山で修行した僧侶の方々とともに営みました。

 生前のご厚誼に感謝するとともにご報告させていただきます。 合掌

人気の季報

2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2021年 03月01日 発行
春 第101号
時が人を作る
住職 及川玄一  二月九日、いちばん大きな荘厳仏具である天蓋が修繕を終えて本堂に戻されました。大工事であった東・北区画墓地の塀の架替えも同じ日に終了しました。宗祖のご降誕八〇〇年慶讃事 ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...