「長寿札」

発行日: 2020年 03月01日
季報: 春 第97号 掲載

住職 及川玄一

 立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。

 お寺では数年前から節分会にあわせて百寿、白寿、卒寿、米寿、傘寿、喜寿のお祝いにあたる方々に長寿を祝うお札を作り、贈らせていただいています。節分は季節の移り変わる時、すなわち立春・立夏・立秋・立冬の前日のことですが、立春の前日が特別に意識されるのは、厳しい冬が去り新しい四季の巡りが始まるからでしょう。

 節分の法要を追儺会と称するのも一年の息災を願うが故です。二月三日の朝、三百数十本のお札をご宝前に上げて、僧侶全員で威勢よくお経を読み、お題目を唱えて檀信徒各位の年中安泰・息災延命を祈願しました。また、長寿札を授与する方のお名前を読み上げ、無事にその歳をお祝いすることができた「無数のお陰」への感謝を伝え、益々の息災延命を祈りました。

 日蓮聖人が五四歳の正月を迎えた身延山に、熱心な檀家である鎌倉の四条金吾の奥方から一通の手紙と布施が届きました。今年三十三歳になる由、三十三は女性にとって大厄の年だから除厄祈願をお願いしたいとの内容でした。

 聖人はその願いを承けて、お布施をご仏前に供え、法華経を読誦して除厄得幸の祈願をなさり、その後、手紙をしたためて、「法華経にはこの経を受持し、熱心に信仰する人を仏・神が必ず守ってくれると説かれています。まして、あなたの傍にはこの国に肩を並べる者がいないような堅固な法華経の信者である夫・左衛門殿がいらっしゃいます。しっかりと夫についていくことを心がければ、三十三の厄は転じて三十三の幸いとなるでしょう」と伝えました。

 思いやり深い聖人のお言葉に感じ入ると同時に、人々がすでに鎌倉時代には年回りに厄年のような吉凶を意識していたことに驚きます。人生には節目の時が必ずいくつかあるものです。多くの場合は過去を振り返ったときに気づくことかもしれません。落語家の柳家小三治師匠が何かの折に、こんな言葉をぽろっとこぼしました。「人の生きる素晴らしさの陰には、必ず悲しさもある」と。

 長寿のお祝いは、その方が乗り越えてきたいくつもの試練を振り返り、労をねぎらうものです。そして、そのお祝いの中には節目節目ににいただいた様々なお陰への感謝が込められているはずです。

人気の季報

2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2019年 03月18日 発行
春 第93号
外国人と暮らすということ
住職 及川玄一  住職に着任して一年が経とうとしています。慣れないながらも少しずつ周囲が見えてきたように思います。温かく迎え、支えて下さった檀家の皆さま方に改めて感謝申し上げます。   ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...