継続こそ力なり

発行日: 2020年 02月10日
成子新聞: 第8号 掲載

今月の聖語
受る(うくる)はやすく 持つ(たもつ)はかたし
日蓮聖人御遺文「四条金吾殿御返事」 日蓮宗

継続こそ力なり

住職 及川玄一

 「一念発起」という言葉があります。意を決して1つの事柄に取り組もうと立ち上がるのは大いに良いことです。しかしながらそれ以上に大切なのは、それを継続させることではないでしょうか。

 継続は地味です。飽き易く迷いも起こり不安になりがちです。しかしやり続けましょう。とにもかくにも自分を信じ、このご縁を下さった仏さまを信じてやり続けましょう。

 おのずと結果はついて来るはずです。

日蓮聖人ご遺文『四条金吾殿御返事』
 本書は真蹟は伝わっていませんが『此経難持鈔』との異称があります。その名の通り聖人の檀越で強固な信仰を持つひとりが四条金吾氏でした。しかしその金吾氏にもさまざまな迫害が加わり動揺が生じたのです。それを励ますために与えられたのが本書でありました。
 聖人の教えの肝要は持ち続けること。持つとは継続であり決して手放さないことです。
 法華経信仰にはこの厳しさが要求されます。しかしその先には必ず喜びが待っているのです。
 文永12年(1275) 聖寿 54歳

『日蓮宗新聞』令和元年12月1日号「今月の聖語」より

「受くる」と「持(たも)つ」

 『法華経』には、受持・読誦・解説・書写という5つの修行をするよう説かれています。「受くる」と「持つ」はあわせて「受持」として一つの修行ということです。

 日蓮聖人はこの『四条金吾殿御返事』で「此の経をきゝうくる人は多し。まことに聞き受る如くに大難来たれども憶持不忘の人は希なる也」といいます。

 「受」とは法華経の教えを聞くこと、それをする人は多いけれども、大きな困難がやってくると「憶持不忘」でいられる人はほとんどいない、とおっしゃられます。

 「憶持」とは「心に念じて思い留めること、常に念頭において忘れないこと」、「持」とは自分が開いた(受けた)法華経の教えを忘れないこと、つまり常に自分の信仰を見失わないということでしょう。

「持つ」ことの覚悟

 また聖人は「成仏は持つにあり」、私たちが仏になるためにはこの「持つ」ことにあるとおっしゃられます。

 しかし、それとともに「此の経を持ん人は難に値うべしと心得て持つ也」と、法華経の信仰には困難があること、そのことを覚悟しなければならないことも述べられます。そして、その覚悟の上に「南無妙法蓮華経を念ずるを持つとは云うなり」と、お題目を念ずることを「持つ」ことだとおっしゃいます。

「念ずる」とは

 ところで「念ずる」には、「神仏に対し、災厄から身を守ってくれるよう、願いをかなえてくれるよう心の中で祈る。また、経文や呪文などを心中に唱える」、「常に心にとめて思う。強く願って思い続ける。」という意味があります。法華経の教えを忘れず信じ、お題目を唱えるということが、なすべき実践であるということでしょうが、「念する」には「たえしのぶ、じっとこらえる。我慢する。」という意味もあります。やはりお題目には法華経信仰にともなう困難に向き合うという心構えが大切ということでしょう。

「此経難持」

 この『四条金吾殿御返事』のお手紙は、「此経難持の事」という書き出しで始まります。

  此経難持 若暫持者 我即歓喜
  諸仏亦然 如是之人 諸仏所歎

 この経文はみなさんもお勤めで読まれたことがあるかと思います。

 「この経は持ちがたし、もし暫くも持つ者は我即ち歓喜す。諸仏もまた然りなり。是の如きの人は、諸仏の歎めたもう所なり。」

 このお経文は『法華経』「見宝塔品第十一」の中の経文です。

「この『法華経』を「持つ」ことは難しいことである。もしほんの少しの間でも持つ人がいたならば、わたし(お釈迦さま)は喜び、ほかの仏も同じである。このように法華経を持つ人は、仏がほめたたえる人なのである」と、ほんのわずかな瞬間でも、法華経を持つことができたならば、その行いは大変尊く、その人には仏さまの加護があると説かれているのです。この経文も心に留め、日々精進いたしましょう。

人気の成子新聞

2020年 12月10日 発行
第10号
できるだけ平らに、そしてマイナスをプラスに
令和2年11月20日 法華感話会 法話 できるだけ平らに、そしてマイナスをプラスに 住職 及川玄一  今日、若い僧侶がつけている緑色の袈裟は、手芸会の皆さまがこれまでバザーを開いて積み ...
2021年 01月10日 発行
第11号
「とき」
令和2年12月20日 法華感話会 法話 「とき」  住職 及川玄一  お寒いなかお集まりいただきましてありがとうございます。今日は暮れの釜〆のお経に伺っている僧侶もおりまして、普段は私 ...
2020年 02月10日 発行
第8号
継続こそ力なり
今月の聖語受る(うくる)はやすく 持つ(たもつ)はかたし日蓮聖人御遺文「四条金吾殿御返事」 日蓮宗 継続こそ力なり 住職 及川玄一  「一念発起」という言葉があります。意を決して1つの ...
2020年 04月10日 発行
第9号
佛々現前 仏心の前に仏現る
令和2年2月20日 法華感話会 法話 佛々現前(ぶつぶつげんぜん)仏心の前に仏現る 住職 及川玄一  二月四日の立春から早二週間、気が付けば梅の花が咲いています。  「冬来たりなば春遠 ...
2019年 08月10日 発行
第2号
「いのち」はなぜ尊いのか
「いのち」はなぜ尊いのか 住職 及川玄一  本格的な夏がやってきました。  「毎月の月はじめに発行!」と決めてスタートしましたが、創刊号からつまずいてしまいました。  また、『成子新聞 ...
2019年 11月10日 発行
第5号
令和元年十月 お会式法話
令和元年10月8日 お会式 法話 常圓寺日蓮仏教研究所主任 都守基一上人 日蓮仏教研究所の活動  「日蓮仏教研究所」といいましてもお檀家の皆様にはあまり馴染みがないかもしれません。 常 ...
2019年 12月10日 発行
第6号
令和元年十一月 法華感話会法話
令和元年11月20日 法華感話会 法話 住職 及川玄一  寒い中をお越しいただきありがとうございます。十月・十一月は日蓮宗にとって御会式月ですが、今年は九月以降、立て続けに大きな台風に ...
2020年 01月10日 発行
第7号
贈り物〜人を思う心〜
令和元年12月20日 法華感話会 法話 贈り物〜人を思う心〜 住職 及川玄一  師走恒例の今年の世相を表す漢字が先日発表され、令和の「令」に決まりました。確かにこの一年を振り返ってみま ...
2019年 10月10日 発行
第4号
令和元年九月 法華感話会法話
令和元年9月20日 法華感話会 法話 住職 及川玄一  先日、山口県に住むお檀家さんから訃報が入りました。亡くなられた方は東京の方ですが、故人の奥様のお母さんが山口県で一人住まいをして ...
2019年 09月10日 発行
第3号
令和元年八月 法華感話会法話
令和元年8月20日 法華感話会 法話 住職 及川玄一  7月はお施餓鬼があり感話会はお休みでしたから、この新聞には以前から皆さんにお話ししたいと思って切り抜いていた産経新聞の記事を転載 ...