「寿」「龍」の掛け軸

発行日: 2022年 02月14日
成子新聞: 第15号 掲載

令和4年1月20日 法華感話会新年会 法話

本堂にかけられた「寿」「龍」の掛け軸

住職 及川玄一

堂内に掲げられた二幅の掛軸、「寿」と「龍」。「寿」はお正月によく目にする字ですから、おめでたい字と誰でも思いますが、「龍」という時を見ておめでたいと連想できる方はそういらっしゃらないのではないでしょうか。

古代中国の伝説の生き物である龍は、仏教の世界でも非常に珍重されていて、名前に「龍」の字が入っているお寺がたくさんあるように仏教にゆかりの深い字です。

龍は古来から天にあって雨を降らし、水を支配管理する神として信仰されてきました。雨は冷えると雪にも変わりますし、あまり有難がられるものではありませんが、一方で、とても大切なものです。「寿」には「命」という意味もありますが、命は食物によって支えられています。皆さんに召し上がっていただくお弁当に入っている椎茸、人参、筍などの作物は皆、雨が降らないことには育ちません。つまり雨が我々の命を養ってくれていることになるわけです。

そもそも我々の体はほとんど水でできているといわれますので、これも雨がないことにはどうにもなりません。それほど雨は大事、大切なものといえます。ですから「龍」は大切な命を表す字と理解されるわけです。「寿」も命、「龍」も命です。

今年の皆さんの命、日々の生活が、煩い事なく安穏であることを願い今日はお祈りさせていただきました。今年もコロナ禍でのスタートになりましたが、これ以上感染状況がひどくならないかぎり二月の感話会も行うつもりです。

十二月の感話会でお話させていただきましたように、月に一回、お寺に参ることは亡き方々への尊い孝行です。それぞれ健康管理には十分ご留意いただいて、来月も元気にお参りいただけましたらありがたく思います。

今年一年もよろしくお願い申し上げます。

人気の成子新聞

2022年 01月14日 発行
第14号
四恩への報謝
令和3年12月20日 法華感話会 法話 四恩への報謝 住職 及川玄一  いつしか暦も十二月でございます。時の流れの速さを感じている方も多いことと思いますが、概ね順調に十二枚のカレンダー ...
2022年 03月14日 発行
第16号
「少欲知足」
令和4年2月20日 法華感話会 法話 「彼岸に此岸の縁を想う」 住職 及川玄一  お参り下さりありがとうございます。新型コロナウィルスの感染拡大がなかなか収まらず、寒い時期でもあります ...
2022年 04月13日 発行
第17号
「彼岸に此岸の縁を想う」
令和4年3月20日 法華感話会 法話 「彼岸に此岸の縁を想う」 住職 及川玄一  こんにちは。暦は三月に入り、お寺の枝垂桜の枝がだいぶ赤く見えるようになってきました。昨年は花の付きが悪 ...
2022年 02月14日 発行
第15号
「寿」「龍」の掛け軸
令和4年1月20日 法華感話会新年会 法話 本堂にかけられた「寿」「龍」の掛け軸 住職 及川玄一 堂内に掲げられた二幅の掛軸、「寿」と「龍」。「寿」はお正月によく目にする字ですから、お ...
2021年 12月14日 発行
第13号
「不幸も幸運であり得る」
令和3年11月20日 法華感話会 法話 「不幸も幸運であり得る」 住職 及川玄一  みなさん、こんにちは。四月以来の感話会となりました。楽しみに出て来て下さった方もいらっしゃるのではな ...
2022年 05月16日 発行
第18号
「仏さまを渇望する」
令和4年4月20日 法華感話会 法話 「仏さまを渇望する」 住職 及川玄一 本当の自然に触れにくい現代社会               今年は境内の桜が見事に咲き、複数のテレビ番組にも ...
2022年 11月01日 発行
第22号
「水子供養に思う」
令和4年9月20日 法華感話会 法話 「水子供養に思う」 住職 及川玄一   彼岸  荒天の中をお集まりくださいましてありがとうございます。皆様のお姿に信仰の深さというものを教えられて ...
2022年 07月15日 発行
第20号
「慈雨」
令和4年6月20日 法華感話会 法話 「慈雨」 住職 及川玄一 皆さんこんにちは。だいぶ暑くなりました。山内には緑や水が適当にあることもあって気温の上昇とともに蚊が増え始めました。厄介 ...
2022年 09月15日 発行
第21号
「衣食住に見える妙」
令和4年8月20日 法華感話会 法話 「衣食住に見える妙」 住職 及川玄一  皆さん、こんにちは。お参り下さいましてありがとうございます。まだ残暑という気持ちにはなれない暑さですが、こ ...
2022年 06月15日 発行
第19号
「三人の女性の言葉から」
令和4年5月20日 法華感話会 法話 「三人の女性の言葉から」 住職 及川玄一  お参り下さいましてありがとうございます。今、皆さんとお経を読んで、少し汗をかきました。気温が高いことも ...