住職就任のご挨拶

発行日: 2018年 07月01日
季報: 夏 第90号 掲載

住職 及川玄一

 常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。
 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さまが三月末日をもっての退任を表明され、その後継として指名されました当山前住職・及川周介上人が京都に赴任されました。このとき私は八王子本立寺の住職であり、新年度もその職責を果たすつもりでおりましたが、思わぬことから四月一日、当山に参りました。本立寺での最後の勤めは四月八日、お釈迦さまの降誕会でした。
 私は昭和三十八年十月、当山先々代住職及川真介上人の長男として本立寺に生まれ、高校までは野球に打ち込む毎日でした。立正大学仏教学部に入学し、教養課程がある埼玉県熊谷校舎時代の二年間は、日蓮宗宗立学寮で起居して僧侶としての基礎を学びました。三年生になって大崎の本校舎に進むとき、叔父である当山前住職・周介上人が本立寺住職に就任。私はその下で学ぶため、随身となって八王子から通学しました。在学中に日蓮宗僧侶としての資格をいただき、道は定まりました。
 とはいえ、若さが先立つばかりの駆け出しの身。見識、経験の不足を補うべく祖父が建立しましたアメリカ・カリフォルニア州サンノゼ市にある妙覚寺別院で助員を務めることと致しました。気候が温暖でハイテク産業の中心地として成長著しいサンノゼでの生活は、とても快適なものでした。さらに二十五歳のとき、縁あってワシントン州シアトル市の日蓮仏教会(寺)に主任(住職)として赴任することとなりました。
 大正時代に日系移民の方々が設立した檀家数八〇軒ほどの小さなお寺でした。檀家の方々のお寺への思いは厚く、若い私にはなかなかに重い任ではありましたが、身心を深く耕す機会でもありました。その時に得た経験はとても大きなもので、現在こうして当山でお務めできますのも、都合八年間にわたるアメリカでの修行があったればこそ、と思っております。お檀家さまにお届けしますこの『季報』は、帰国した私が当山で三年間勤務した折に創刊致しました。在米中に毎月会報を出していた経験から思い立ったものです。
 シアトル時代の平成四年に結婚し、一男一女を授かりました。長女はアメリカ生まれです。平成十一年四月、三十五歳で本立寺住職に就任し、丸十九年間務めました。今、子どもたちは社会人として自立しております。本立寺での年月を振り返ると、お檀家さまの温かいお気持ちが深く広く私を包んでくれました。それが半ば「当たり前」と感じてしまうほど、自然な流れのうちに住職として育てていただいたことに感謝しながら、新たな任務に向かうことができました。
 就任から二カ月。おかげさまで緊張の中にも着実な一歩を踏み出しました。もとより重責は承知の上ですが、お檀家の皆さまから心を寄せていただけるお寺と致すべく努める覚悟でございます。皆さまにおかれましては、何卒よろしくお願い申し上げます。

人気の季報

2021年 01月01日 発行
冬 第100号
謹賀新年
住職 及川玄一   あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。コロナ禍にあって世上よろしからず、ご苦労が多いことと拝察しお見舞い申し上げます。  この「季報」が創 ...
2020年 09月01日 発行
秋 第99号
往時を憶う
住職 及川玄一  春のお彼岸前から心が晴れることの少ない日が続いています。見えないものと対峙する困難を痛感しますが、今はただ禍の先の光明を見出すべく努めております。幸いにも、お寺に働く ...
2020年 07月01日 発行
夏 第98号
世は「妙」なもの
住職 及川玄一  作家の井上ひさしさんが亡くなって十年になる。劇作家としても活躍され、若い頃は浅草の劇場で台本を書いていたこともあったそうですが、戯号(筆名)に用い、法号(戒名)に残る ...
2018年 07月01日 発行
夏 第90号
住職就任のご挨拶
住職 及川玄一  常圓寺第四十世としてこの四月から法務を執らせていただいております。先般書状を差し上げましたが、ここに改めてご挨拶させていただきます。 京都大本山妙顕寺の三田村貫首さま ...
2019年 03月18日 発行
春 第93号
外国人と暮らすということ
住職 及川玄一  住職に着任して一年が経とうとしています。慣れないながらも少しずつ周囲が見えてきたように思います。温かく迎え、支えて下さった檀家の皆さま方に改めて感謝申し上げます。   ...
2019年 07月01日 発行
夏 第94号
蓮の台(はすのうてな)
住職 及川玄一  住職に就任して一年、檀信徒の皆さまのおかげをもちまして、何とか無事に務めることができました。去年の今頃は、法燈継承式の準備で慌ただしく過ごしておりました。少し落ち着い ...
2019年 09月01日 発行
秋 第95号
人の心と犬の心
住職 及川玄一  最近、私が聞いたことです。「十三年間ともに暮らした愛犬が旅立った。今は、寄り添ってもらっていたと感じる。味があり楽しかった日々を忘れない」。―――「飼っていた〝子〟」 ...
2020年 03月01日 発行
春 第97号
「長寿札」
住職 及川玄一  立春を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますが、境内の梅が一輪、二輪とほころびました。いつしか開花の準備が整っていたようです。  お寺では数年前から節分会にあわ ...
2019年 01月01日 発行
冬 第92号
小さな出会いをはげみに
住職 及川玄一  明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。  住職となって初めての正月を無事に迎えることができました。これもひとえに、お寺を大切になさって下さるお ...
2018年 09月20日 発行
秋 第91号
よきものと睦ぶ
住職 及川玄一  暦はいつしか九月。振り返れば、思わぬ人事異動であわただしく当寺に越して来たのが四月。慣れない中、とにかく七月四日の法燈継承式まで、それに続くお施餓鬼まではと、身心を傾 ...